知っておきたい日本の現代アーティスト10人

日本の現代アートシーンは豊かで多様であり、世界規模で業界の風景を変えた先駆的なアーティストが住んでいます。 村上隆のスーパーフラットムーブメントから草間Ya生の水玉模様の宇宙まで、視覚メディアへの協力的でパフォーマティブなアプローチ、アートプラクティスにおけるテクノロジーの未来的使用まで、私たちは10人の知っておくべき日本の現代アーティストを紹介します。

青島千穂

青島千穂は、アートプロダクション会社のカイカイキキとスーパーフラットムーブメント(両方とも伝説の日本人アーティスト村上隆によって設立された)のメンバーであり、彼女の幻想的な都市ポップクリーチャーとランドスケープで最も有名です。 村上の工場でグラフィックアートの仕事を始めた独裁者である青島は、幽霊、悪魔、若い女性、自然の要素が住む超現実的な夢のような風景を作り出します。 彼女のアートワークは通常大規模で、テクスチャーのために革やプラスチックなどの素材を使用して紙に印刷されています。 2006年に、アオシマは「地下の芸術」の一環としてロンドンのグロスターロード駅でシティグロー、マウンテンウィスパーを制作し、17の連続したプラットフォームアーチを魔法の風景に変えました。 この作品は、時間が止まっていて有機生物が無生物のものである青島の理想郷の世界を描いたものです。

塩田千春

塩田千春は、大規模なサイト固有のビジュアルインスタレーションを制作するパフォーマンスおよびインスタレーションアーティストです。 彼女の練習の中心は、記憶と忘却、夢と現実、過去と現在、そして不安の対立のテーマです。 彼女の最も有名な作品には、古い椅子、燃えたピアノ、ウェディングドレス、時にはアーティスト自身など、さまざまな家庭用、個人用、日常のオブジェクトを囲む黒い糸の不可解なウェブが含まれます。 Labyrinth of Memory (2012)は、遍在する黒い糸に包まれた一連のドレスで構成されています。 これらのドレスは、身体を成形し、収縮させる「第二の皮膚」と考えられています。 黒糸の遍在は、この正確な関係を記述し、強制することを目的としています。 2014年の夏、塩田はPerspectives (2004)を設置しました。これは、寄贈された300を超える靴で作成され、各寄付者からの手書きのメモが添付され、個人的な記憶を打ち明けます。 その後、塩田は靴を赤い糸でつなぎ、それぞれを同じフックから吊り下げました。 塩田は2015年の第56回ヴェネツィア・ビエンナーレで日本を代表し、2016年のベルリン・アート・ウィーク中に開かれたベルリンのブレイン・サザンでの彼女の最初の展覧会は大きな衝撃を与えました。

荒川栄

荒川栄は、変化の状態、不安定な時期、幸福な事故、リスクの要素に触発されています。 彼のパフォーマンス作品とインスタレーションには、集合性、友情、同時性、即興のテーマが含まれます。 荒川の作品はほとんどの場合、共同制作であり、制作から破壊まで、芸術の社会的光景の要素に取り組んでいます。 彼の芸術的感性は、パフォーマンス的で不確定な「どこでもどこでもない」状態によって知らされます。 彼の作品は国際的に予想外の場所に現れ、共同プロセスを経て増えています。 2013年、彼の作品は、ヴェネツィア・ビエンナーレの「神風ロッジア」(ジョージアン・パビリオン)、森美術館の「六本木クロッシング」と題した日本の現代美術の調査で展示されました。 彼のインスタレーションであるHawaiian Presence (2014)は、2014年のホイットニービエンナーレのためにニューヨークを拠点とするアーティストCarissa Rodriguezとの共同プロジェクトでした。 2014年のフリーズロンドンで、荒川と彼の兄弟友は、ユナイテッドブラザーズという名前でデュオとして働いていて、 「このスープはアンビバレントですか? 」というタイトルのパフォーマンス作品を発表しました ふくしまは、福島の「放射性」大根の根で作られたと言われているスープを訪問者に提供しました。

田中功起

Deutsche Bank 2015 Artist of the Year田中功起の視覚的アプローチは、コミュニティと創造性と想像力の共有体験を探求し、参加者間の交流を促し、新しいコラボレーションのルールを提唱します。 2013年のベニスビエンナーレの日本パビリオンでの彼のインスタレーションは、パビリオンを芸術的共有のプラットフォームに変えるオブジェクトを含むビデオで構成されていました。 田中のビデオとインスタレーションは、オブジェクトとアクションの関係を掘り下げ、野菜を切るナイフ、グラスに注がれるビール、傘を開けるなどの日常的なアイテムで実行される簡単なジェスチャーを記録します。 これらのビデオでは何も起こりませんが、強迫的な繰り返しと細部への注意が視聴者にありふれたものを評価することを強いています。

森真理子

森真理子は、ビデオ、写真、ニューメディア、インスタレーションアートのマルチメディア作品を制作しています。 彼女は、洗練された超現実的な形を通して、ミニマリストの未来的なビジョンを表現しています。 森の作品で繰り返し取り上げられているテーマは、東洋神話と西洋文化の並置であり、彼女のデジタルレイヤードイメージに見られます。 森は2003年にオーストリアのクンストハウス・ブレゲンツでデビューしたWave UFOで有名になりました。その後、この作品はニューヨークを旅し、2005年のヴェネツィア・ビエンナーレに含まれました。 2010年、森は教育と文化の非営利組織であるFaou Foundationを設立しました。FaouFoundationは、6つの居住可能な大陸を称えるために、独自の調和のとれたサイト固有の永久アートインスタレーションを捧げました。 ごく最近、 Ring:One With NatureというタイトルのFaou Foundation常設施設が、リオデジャネイロからそれほど遠くないレゼンデのViscondeMauáの風光明媚な滝の上に設置されました。

池田亮二

池田亮司は、サイントーンからノイズまで、人間の聴覚範囲の端の周波数を使用して、主にさまざまな「生の」状態のサウンドを扱うニューメディアおよびサウンドアーティストです。 彼のパフォーマンスと没入感のあるインスタレーションは、コンピューターで生成されたサウンドで構成され、視覚的にビデオ投影またはデジタルパターンに変換されます。 池田のオーディオビジュアル作品は、スケール、ライト、シェード、ボリューム、シャドウ、電子音、リズムを使用して感覚をあふれさせます。 彼の有名なテストパターン[いいえ。 5]は、長さ約28メートル(92フィート)、幅8メートル(26フィート)のフロアスペースを照らす5台のプロジェクターで構成されています。 インストールでは、データ(テキスト、サウンド、写真、ムービー)をバーコードとゼロと1のバイナリパターンに変換します。 池田の作品には、 データマティックス[ver。 2.0] 、ISEA 2006のカリフォルニア州サンノゼのZero1から始まる2006年以来、世界中のいくつかの会場で彼が発表した視聴覚コンサートの更新版。池田は、音楽、時間、魅惑的な体験を作り出す空間。 彼は音と視覚を探求し、物理的特性を分解して人間の知覚に関係する複雑な関係を明らかにします。 最終的に、池田はデジタル技術の極端な可能性をテストし、知覚の限界に挑戦します。

村上隆

村上隆は、日本を代表する現代アーティストの一人です。 絵画から大規模な彫刻やファッションのコラボレーションまで、村上の作品はマンガやアニメの影響を受けています。 スーパーフラット・ムーブメントとカイカイキキ・アーティスト・コレクティブの創設者である村上は、同時代の多くの人々のキャリアを発展させ、支援してきました。 「スーパーフラット」という用語は、日本の芸術的伝統の美的特徴と、戦後の日本の文化と社会の性質の両方を表します。 伝統は、色の平らな平面に重点を置いた、平らな2次元のイメージの遺産を残しました。これは、漫画やアニメを通じて現代文化で再作成されました。 戦後の日本は、社会階級と一般的な好みの違いの「平坦化」も経験しました。 村上自身の慣行は、通常「低」またはサブカルチュラルと見なされる要素を再パッケージ化し、それらをファッションとアートの「高」アート市場で提示することです。 彼の挑発的なMy Lonesome Cowboy (1998)は、2008年にサザビーズニューヨークで記録的な1, 520万ドルで販売されました。

宮島達夫

宮島達夫は、1980年代以降のガジェットの使用を中心に、電気回路、ビデオ、コンピューターなどの現代的な素材を使用した高度な技術作品を扱う彫刻家およびインスタレーションアーティストです。 宮島の中心的な芸術的概念は、ヒューマニストのアイデアと仏教の教えからインスピレーションを得ています。 彼のインスタレーションのLEDカウンターは、生から死への旅を象徴する1から9の繰り返しで連続的に点滅しますが、0で表され、彼の作品には決して現れない最終性を避けています。 グリッド、タワー、サーキットに表示される彼の常設の数字は、連続性、つながり、永遠性、時間と空間の流れのアイデアに対する関心を表しています。 ごく最近、宮島の作品「 時間の矢(未完成の人生) 」は、ニューヨーク市で開催されたメット・ブロイヤーの最初の展覧会「未完成:思考は目に見えるものを残した」で紹介されました。

草間Ya生

草間Ya生は70年に及ぶ驚くべきキャリアを経て、絵画、ドローイング、コラージュ、彫刻、パフォーマンス、映画、版画、インスタレーション、環境芸術、文学、ファッション、製品デザインの領域を探求してきました。 草間は非常に独特の水玉模様のスタイルを開発し、それが彼女のトレードマークとなっています。 そのような幻想的なビジョンは、草間にとって、幼少期から経験した幻覚の産物であり、世界は増殖する形で覆われているようです。 草間は部屋全体をカラフルなドットと、無限にカラフルな光の形を反射する「無限」ミラーで覆っています。

奈良美智

奈良美智は、子どものような退屈感や欲求不満の感覚を捉え、子どもたちにとって自然な激しい自主性を取り戻そうとする主題である彼の特徴的な広い目をした子どもや犬を描いた絵画、彫刻、ドローイングを作成します 伝統的な本のイラストを連想させる彼の美学は、奈良のパンクロックへの愛に一部影響を受けて、落ち着きのない緊張感を示しています。 彼の作品のタイトルは、 彼女の側にナイフを持つ少女 (1991)からサイレントバイオレンス (1998)、 神経症に骨 (1999)、 そこに何もない (2000)まで、これに対する証言です。 2011年、ニューヨーク市のアジア協会博物館では、「奈良美智:Nobody's Fool」というタイトルの初の大規模な個展を開催しました。 ショーの作品は世界中の若者のサブカルチャーの感性と密接に関連しており、特にロックやパンク音楽に関連した疎外と反乱のテーマに焦点を当てていました。

 

コメントを残します