東京で最も印象的な10の建物

日本の建築の世界は、最も高いものから最も古いものまで、最も革新的なものから最もユニークなものまで、あらゆるカテゴリで激しい競争を繰り広げています。 これらは東京で最も印象的な10の建物です。

アウディフォーラム

「The Iceberg」という愛称を持つアウディフォーラムは、角張った結晶形と超都会的なデザインで際立っています。 表参道にあるこの建物は、自動車会社の1階にある最新モデルと上層階にあるオフィスビルのショールームです。

ō福寺

戦争、自然災害、火災を乗り越えた正福寺は、東京で最も古い建物です。 1407年に建設されてから約600年の間に、この寺院はわずかな修復しか受けておらず、今でも鎌倉時代の建築の最高の例の1つであり続けています。

サニーヒル

東京で目を向けるには多くの時間がかかりますが、台湾にインスパイアされたパイナップルケーキを販売しているこの店は、まさにそれを実現しています。 ファサードは、キンドリングのパイルまたは未処理の木製バスケットに似た、十字模様の厚い木製のスラットで覆われています。

東京スカイツリー

東京で最も高い構造も最新のものの1つです。 2012年に完成した東京スカイツリーの主な機能は、テレビとラジオの放送です。 また、展望台、ショッピングモール、屋内外のダイニング、さらには水族館を備えたエンターテイメントセンターです。

〒131-0045東京都墨田区押上1丁目1-2

東京ミッドタウン

日本で2番目に高いビルである東京ミッドタウンは、ユニークな多目的ビルです。 アイデアは、タワーの住人が複合施設を離れることなく、理論的に働き、生活し、楽しませることができるというものでした。 住居に加えて、博物館、レストラン、ショップ、デザインギャラリーがあり、独自の公園もあります。

日本、〒107-0052東京、港区赤坂、9−7−1

東京駅

東京駅には、日本で最も多くのターミナルがあります。 1914年に最初にオープンしましたが、後年、戦争と火事で損傷しました。 丸の内の赤い建物は歴史的なランドマークとみなされており、以前の栄光を取り戻しています。

東京都千代田区丸の内一丁目9番1号

ミキモト2

憧れのミキモトパールの背後にある会社は、ミキモト2ビルを拠点としています。 銀座にあるこの建物は、近隣の壁一面のガラス張りのファサードから際立っており、抽象的な窓が夜にはさらに印象的です。 店舗だけでなく、オフィスやレストランもあります。

〒104-8145東京都中央区中央区銀座2丁目4番12号

東急プラザ表参道

東急プラザは、表参道周辺に位置する7階建てのショッピングコンプレックスです。 その際立った特徴は、メインの入り口に並ぶねじれた角のある鏡で、モールの入り口よりも歪んだ次元のポータルに似ています。

日本、〒150-0001東京、渋谷区神宮前、4−30−3

親愛なる神宮前

渋谷にある親愛なる神宮前は、2014年に改装された商業オフィスビルです。現在は起伏のある白いケージのように見えますが、建物は比較的普通の長方形の隣に比べてさらに興味深いものです。

プラダ東京

青山のプラダ店の外観のような大聖堂は、五角形全体を囲むダイヤモンド形の凸面の窓で覆われています。 高級ファッションハウスの旗艦店である東京店がありますが、建物自体が同数の訪問者を魅了していると言っても過言ではありません。

〒107-0062東京都港区南青山5-2-6

 

コメントを残します