日本からの10の必須のストリートウェアブランド

ユニークなパッチワーク作品からクラシックなパンクファッションにいたるまで、これらの日本からの必須のストリートウェアブランドをチェックしてください。

コトハヤコザワ

「コトハヤコザワ」と定型化された、これは2015年にブランドを始めた名古屋出身の横澤コトハの名を冠したブランドです。 彼女のポップアップショップの1つをキャッチするか、オンラインストアを参照します。

入浴猿

通常はBAPEと略される入浴猿は、1993年に原宿で設立されました。 Tシャツやスニーカーを販売する小さなブティックから、ストリートスタイルやヒップホップファッションの権威へと急速に成長しました。

KIKS TYO

KIKS TYOは、2006年に設立された東京を本拠地とするカジュアルストリートウェアとアクセサリーの会社です。Tシャツやスウェットシャツなどの基本に加えて、帽子、サングラス、財布、電話ケースやバッグなどのアクセサリーも製造しています。

アンダーカバー

高橋純は1990年にUNDERCOVERを設立し、それ以来、このブランドは日本のストリートウェアの定番となっています。 服は、パンクロックやファッション性の高いルックスからスタイルの手がかりを取ります。 彼らのスローガンは「私たちは服ではなく騒ぎます」です。

マーキュリーデュオ

マーキュリーデュオは、国内で最も人気のある女性のファッション誌であるスウィートでよく取り上げられる、軽くて風通しの良い、女性らしいブランドです。

ご近所

NEIGHBORHOODは1994年に設立されました。創業者の滝沢伸介は、当時の異文化運動からインスピレーションを得て、今日でもパンク、バイカー、ミリタリーストリートスタイルを反映しています。

DRWCYS

DRWCYSは、20代および30代の女性を対象としたストリートウェアブランドです。 彼らのモットーは「トレンド。 カジュアル。 ボヘミアン。」 このブランドは2008年に始まりましたが、2010年まで最初のショップを開きませんでした。

WTAPS

「ダブルタップ」と発音されるWTAPSは、1996年に東京で西山哲によって設立されました。西山は最新のブランドベンチャーであるDESCENDANTを2015年にリリースしました。WTAPSはミリタリータッチと頑丈でアウトドアギアに触発されています。

内田文香

内田フミカは、東京で最高のヴィンテージ衣料品店の1つであるJ'Antiquesから生まれたファッションラベルです。 そのルーツに忠実に、このラベルはモダンなスタイルと更新されたビンテージの外観のミックスです。

マスターマインドジャパン

定型化された「マスターマインドジャパン」は、2017年に20周年を迎えました。マスターマインドジャパンは、通常クラシックブラックに散りばめられたその特徴的なスカルとクロスボーンのモチーフで知られています。

伊勢丹メンズ東京都新宿区新宿3-14-1

 

コメントを残します