フィレンツェでしか見ることができないルネッサンスの傑作10選

フィレンツェはルネッサンスの発祥の地として知られているため、世界的に有名な傑作を含むルネサンス芸術の無数の例を保持しているのは適切です。 数十のギャラリー、建築物、彫像があるフィレンツェは、芸術と歴史を愛する人々の街です。 どちらについてもほとんど何も知らない場合でも、この都市がその歴史と芸術を高く評価しているため、その重要性はすぐに理解できます。 フィレンツェのルネッサンス時代の世界で最も有名で美しい芸術と建築の作品をご覧ください。

ミケランジェロのダビデ

ミケランジェロの有名なダビデの彫刻は誰でも知っています。 完璧な男。 人体解剖学の素晴らしいディスプレイ。 ただ驚くばかり。 身長17フィート(5.2メートル)に立つ彼の栄光の中で彼を見ると、視聴者の角度から見た彼の体の完璧な古典的なプロポーションであなたの心にトリックをかけます。 ミケランジェロは偉大な科学者、芸術家、哲学者だったので、細部に意味がありました。

ボッティチェリの金星誕生

あなたが芸術愛好家でなくても、教科書、テレビ、またはポップカルチャーのパロディで紹介されているかどうかにかかわらず、おそらくあなたの人生でこの絵の写真を少なくとも数回見たことがあるでしょう。 本物を参照してください。 個人的にはずっと良い方法です。 ヴィーナスはボッティチェッリのシグネチャースタイルで彼女自身の形を取り、彼女の美しさを見るとほとんどトランス状態になります。

ボッティチェッリの春のAll話(ラプリマベーラ)

サンドロ・ボッティチェッリは、メディチ時代の最も有名な芸術家の一人です。 彼の作品はフィレンツェの至る所に散らばっており、特にウフィツィ美術館では最高の傑作がいくつか展示されています。 彼の作品はルネサンスの歴史と芸術の定番であり、彼は季節、神、その他の世俗的な存在を人間として描いており、刺激的で美しい作品となっています。

ジョルジオ・ヴァサリの最後の審判

これは、有名なフィレンツェ大聖堂のドーム内に描かれた最も素晴らしいフレスコ画です。 それは最後の審判の聖書の物語を描いており、システィーナ礼拝堂の天井とスタイルが著しく似ています。 バサリはミケランジェロの有名な称賛者だったので、彼のスタイルは似ており、才能は不足していません。 もっとよく知らなければ、それはミケランジェロ自身によって行われたと思うでしょう。 頭上に描かれた信じられないほど美しい宗教シーンにa敬の念を抱く準備をしてください。

ウルビーノのタイタンの金星

この油絵は、ジョルジョーネの眠っている金星のタイタンの描写に触発されました しかし、タイタンのバージョンでは、彼はヴィーナスを国内の設定で示し、彼女が有形で、家畜化されており、感覚的に明白であるという印象を与えます。 絵画には宗教的な意味合いはありませんが、むしろ意図的にエロティックであるようです。 ウフィツィ美術館の近くにある他の絵画に対して、それは際立っており、視聴者をそれに引き付けます。

ブルネレスキのドーム

これは建築の驚異です。 今日まで、専門家は建物がまだ強いことにショックを受けています。 ヘリンボーンレンガのパターンと構造に組み込まれたリブは、当時の天才的なアイデアであり、時間とともにさらに驚くべきものであることが証明されています。 その上、大聖堂自体は息をのむような美しさです。

ギベルティの楽園の門

これは有名な芸術作品であり、何よりも無料で見ることができます。 芸術は洗礼堂の扉を飾る金色に金メッキされています。 天国の門に聖書の物語を描くことは、大聖堂の隣の聖なる洗礼堂のドアに飾られるのにふさわしいです。

ドナテッロのデビッド

いいえ、これはミケランジェロが作った大理石の「完璧な人間」ではありません。 ドナテッロは、ダビデがゴリアテを破ったときの勝利の場面で、青銅の聖書のダビデを創造しました。 勝利の瞬間、デビッドは女らしさのある青年として描かれ、ゴリアテの切断された頭に足を誇らしげに休ませました。

マサッチョの聖三位一体

ルネッサンス期の偉人を思い浮かべたときに思い浮かぶかもしれない芸術作品の1つではありませんが、サンタマリアノヴェッラ教会にあるこのフレスコ画は、この時代の素晴らしい歴史的作品でした。 1点線形遠近法の最初の知られている例であると考えられたフレスコ画は1425-27の間に描かれ、1428年に亡くなる前のマサッチョの最後の主要な委員会でした。キリストの体の現実的な扱いは、十字架上の重力によって重くなりました。 十字架の両側にはキリストの母マリア(左)、右側には聖ヨハネがいますが、最前線の人物はフレスコ画の未知の委員であると考えられています。

マサッチョは若くして亡くなりましたが、仕事は限られたものでしたが、彼の名は偉大でした。 当時の有名な芸術家であるヴァザーリは、マサッチョと、視線、だまし絵、対称性を使用して空間の幻想を捉えた彼の偉大な作品について読みました。 後日、フレスコ画の上に祭壇を建てる決定が下されたとき、ヴァサリは委託された通りに行動しましたが、新しい祭壇と壁のフレスコ画の間に小さな隙間を残し、驚くべきフレスコ画を危害から保護し保護しているようです。 それ以来、フレスコ画は修復され、今ではすべての人が見ることができるように教会に展示されています。

フラアンジェリコのサンマルコのフレスコ画

サンマルコの教会は、ルネッサンスの芸術、フレスコ画、黄金の建築物、そして神聖なものでいっぱいですが、特別なフレスコ画はフラアンジェリコによって描かれています。 教会自体は暗く、時折維持されていますが、フレスコ画はすべての栄光に輝いています。 ファーアンジェリコはこの教会で多くの時間を過ごし、彼の芸術に愛を示した尊敬された神の人でした。 この特定のフレスコ画は、ダヴィンチの受胎告知のフラアンジェリコの描写です。

 

コメントを残します