フィンランドの湖と森に潜む11の神話上の生き物

フィンランドの広い湖と鬱denseとした森は、そこに住み、多くの神話の生き物や人物にインスピレーションを与えてきた人々に、常に強い魅力と神秘主義をもたらしてきました。 それらの中には性格の良いものもありますが、他のものはすべてのコストで避けるのが最善です。 これらは、フィンランド神話の森林と水域で最も注目すべき生き物の一部です。

ひいし

古代神話では、Hiisiは樹木が茂った丘や木立に住む霊であり、とりわけ馬を作成し、蹄の付いた動物に一般的に関連付けられていました。 彼は、100本の角を持つエルクと、石の頭、木でできた背、鉄の足、火の口輪を持つ馬を所有していると言われていました。 キリスト教の宣教師はHiisiを悪霊と解釈したため、Hiisiは旅行者を攻撃し、家から盗み、岩を野原に投げ込む怪物として描かれています。 このHiisiは非常に悪名高いため、Tolkienの本のフィンランド語の翻訳はゴブリンを「hiisi」と改名しました。

ハルティア

Haltijaはフィンランドのエルフ、ブラウニー、またはノームに相当し、民間伝承にはさまざまな種類があります。 tonttuはハウスエルフであり、今日ではサンタのエルフヘルパーにインスピレーションを与えていると認識されています。 水のハルティヤは海から現れ、石でできた帽子とブーツを着用し、自由に高さを変えることができます。 彼らは元気で、木を伐採したり、汚れた水に起因する病気を治すなどのタスクを支援するために召喚することができます。

ウィルオウィスプ

これらのスピリットは、フィンランドの神話でレンポとして擬人化されることもあり、通常は湖の上に浮かぶ光のボールとして現れます。 彼らは宝への道を導くと噂されていますが、実際には人々を危険に導く悪霊です。 今日でも、彼らは真夏にフィンランドの湖周辺で最も目撃されています。

ペイコ

これは巨人に似た恐ろしい生き物であり、サイズを変えたり、見えなくなったり、一度に数百年間岩の多い風景の形で眠ったり、子供の歯に穴を開けることさえできます。 これは、気まぐれな子供を誘whoするフィンランド神話の「ブギーマン」タイプの人物を恐れているペイコに影響を与えています。

イクトゥルソ

イク・トゥルソはフィンランド神話の有名で恐ろしい生き物で、カレヴァラに登場します。 彼と彼の兄弟であるトゥルサは、クラーケンやネス湖の怪物にいくらか似ており、巨大なタコに似ており、時にはドラゴンのような翼を持っています。 Iku-Tursoはフィンランドの神話に欠かせない存在であり、潜水艦、ビデオゲームのキャラクター、小惑星、ヘビーメタルバンド、そして彼にちなんで名付けられたエールのブランドを持っています。

けいじゅ

フィンランドの妖精やスプライトの品種であるケイジュは、トンボや蝶のような翼を持つ、小さくて美しい人型生物です。 彼らは森の池や霧の多い牧草地、通常は平行世界に住んでおり、フェイの異教のイメージとは異なります。 他の妖精や妖精の解釈のように、彼らは恥ずかしがり屋で人間を避けますが、遭遇した場合、彼らは友好的でダンスが大好きです。

メンニンカイネン

フィンランドのゴブリンまたはレプラコーンに相当するものは、トールキンのホビットにほぼ不思議な類似性を持っています(トールキンはフィンランドの神話に非常に触発されたので、フィッティング)。 彼らは先の尖った帽子をかぶって、地下に住んでいて、ダンスやなぞなぞを楽しんで、光沢のある宝物を探す短い人型生物です。 ケイジュのように、彼らも恥ずかしがり屋で人間を避けますが、好奇心から人間の居住地に迷い込むこともあります。 しかし、一部の人々はいたずら好きで、子供たちをだまして森の奥深くにさまようと言われています。

ネッキ

ネッキは、彼らの本当の怪物の形を明らかにする前に、友好的で魅力的に見える水の精霊です。 彼らは、通常は橋の下や井戸の下にある濁った水の中に潜み、深みから泳いでいる不注意な子供たちを誘い込み、drれさせます。 両親は、子供の水辺で一人で歩き回らないようにという警告として、ナッキを使用しました。 別の伝説によれば、彼らは真夏の夜に海から舞い上がり、ダンスに参加し、より多くの犠牲者を見つける可能性が高いと言います。

オッソ

クマはフィンランドの神話で非常に重要な役割を果たし、かつて彼らを神として崇拝することに専念するカルトがいました。 オットー、またはキングオブザフォレストは、非常に知的で神聖な存在として扱われる熊の霊です。 クマが殺された場合、犠牲の贈り物で神聖な開拓地に頭蓋骨を残す儀式が行われました。

タピオとミエリッキ

タピオと彼の妻ミエリクキは森の神と女神であり、狩人と農夫は多くの狩猟を見つけて家畜を守ることを願って祈っています。 彼らは一緒に、クマを含むフィンランドの野生生物の多くを作成しました。 タピオはコケに覆われたひげと小枝で作られた帽子を持っていると描写されていますが、彼の妻は信じられないほど美しい女性として描写されていますが、彼女はなだめられていないときは恐ろしくて恐ろしいことがあります。 彼らは森の奥深くにある木製の城に住んでおり、そこで野生動物を見守っています。

ヴェデネモ

カレリア地方の「水の母」は人魚に似ており、魚の体と胴体と人間の女性の頭があります。 ギリシャのサイレンのように、彼女は歌を歌い、人間を暗い深みに誘います。 漁師はかつてベデネモをなだめるために最初の漁獲を提供していましたが、彼女を見つけることは非常に悪い前兆と見なされていました。

 

コメントを残します