パキスタン文化について知っておくべき13のこと

その文化が国際的なイメージとまったく対照的な国がある場合、それはパキスタンでなければなりません。 世界中のパキスタン人は、長年のニュースメディアの誇張と議題の設定のおかげで、彼らの文化が本当に何を伴うのかを説明するというジレンマにしばしば直面しています。 民主的および経済的な失望を超えて、最も重要なこと、つまり国の活気ある文化を維持するためにあらゆる不利な状況に弾力的に取り組むパキスタンの市民社会の世界が存在します。 パキスタンについてもう少しよく知りましょう。

パキスタンの文化は非常に多様です

歴史的、地理的、民族的多様性のおかげで、パキスタンの文化は、インド、ペルシャ、アフガニスタン、中央アジア、南アジア、西アジアの影響のるつぼです。 パキスタンには15を超える主要な民族グループがあり、身体的特徴、歴史的な血統、習慣、衣装、食べ物、音楽が異なります。 これらの中には、パンジャビス、シンド、バロック、パシュトゥン、カシミリス、ハザラス、マクラニス、バルティスがあり、インダス渓谷やアフリカやチベットに近い地域から来ています。 古代の民族的要素以外に、イスラムの宗教的影響は、AD 700で初めてこの地域に来て以来、パキスタンの文化を強く形成しています。

パキスタンでは多くの異なる言語が話されています

パキスタンで積極的に話されている言語の公式数は73から76です。これは、数時間以内に国の地区間を移動すると、異なる地域の他のグループが話さない言語があることを意味します。 しかし、最も人気のある言語は、独自の現代文学と古代文学を持つ最大の民族グループに属します。 パキスタンのほとんどの言語は、インドのイラン語グループに属し、その国の言語はウルドゥー語です。

人々は友好的ですが、性別はまだ存在します

イスラムと部族の影響により、パキスタンの非都市部では性別のレベルがさまざまに異なりますが、大都市でも男女間の相互作用に関して保守的な期待があります。 カップルは通常、プラトニックでない方法で人前で抱擁したりキスしたりしません。 それにも関わらず、パキスタンの人々は親切で、友好的で、親しみやすく、謙虚です。

パキスタン人は音楽を聴くこと、そして音楽を作ることを愛しています。

多様な文化により、パキスタンの音楽家は言語や文学とともに多くの異なる詩的な形式やスタイルにさらされています。 カウワリとガザルは国の聴覚上の宝物です。 それに基づいて、パキスタンのテレビ番組( Coke Studioなど)は、非パキスタン人から非ウルドゥー語話者まで、世界中および地元で何百万人ものファンを集めています。 国はまた、Nusrat Fateh Ali Khanのような伝説的な歌手やFaiz Ahmed Faizのような詩人を生み出し、人々の文化や集団の良心に多大な影響を与えました。 現代のミュージシャンもモダンなスタイルで遊んで、ブルース、ファンク、ロック、ジャズのウルドゥー語のフュージョンを開発しています。

パキスタンでは家族の絆が強い

パキスタンでは、宗教的、文化的、経済的、社会的価値のために家族が一番になります。 パキスタン社会は、個人主義ではなく、家族や他の関係が強い集団主義によって導かれています。

パキスタンの文化には優れた職人技が含まれています

パキスタンのトラックアートだけが世界的に有名な職人技の例ではありません。 世代を超えて受け継がれてきたパキスタンの工芸には、スタイル、素材、美学が豊富に含まれています。 アラビア語の書道は、銅細工、絵画、木彫りなど、多くの地元の建物や遺跡、壁掛けに見られる最も顕著な技術の1つです。 シンドとムルタンに典型的な陶器、特に青い陶器は、その外観から世界中で愛されています。 ナカシ、またはラクダの皮のランプのアートメイキングは、ムガールの遺産であるカラフルなタイルの作品とともに、地元の工芸品の別の例です。

スーフィズムは美しい詩と音楽を生み出した

主流のイスラム教とイスラム神秘主義はどちらもパキスタンで流行していますが、多くの場合、ワハビ派の考え方に従う強硬な聖職者は、すでにユニークなイスラム風味に素晴らしい美しさを加えた神秘主義またはスーフィズムの伝統を拒否します。 スーフィーは、ダンス、詩、旋回、瞑想などの多くの手段を通じて献身を示します。スーフィーの詩には、この国で最も精神的に高度で統一された愛のメッセージがあります。 強硬派は彼らを隔離しようとするかもしれないが、住民は彼らにうんざりせざるを得ない。

パキスタン人はチャイを少し愛しすぎる

チャイはパキスタンのいたるところにあり、おそらくアルコール消費国のビールと同じような意味です。 実際、一部のお茶も地元で栽培されていますが、パキスタンはお茶の第三位の輸入国です。 パキスタン人は、好みに応じてミルクまたは希釈ミルクのいずれかでお茶を強く甘くします。 カルダモンや他のスパイスが特別な機会にお茶に追加されることがあります。 紅茶は植民地時代に英語で国に紹介されましたが、緑茶は何千年もの間地元の文化の一部でした。 ティータイムは非常に重要な時間であるため、多くの人が5つ星ホテルでハイティーを楽しんでいます。基本的には、ティービュッフェとそれに付随するすべての無料スナックが含まれています。

パキスタン人はとても親切です

ゲスト、観光客、および訪問者は、国内外を問わず、常に両手を広げて歓迎されます。 最も貧しい労働者でさえ、新しい訪問者を助けるために邪魔にならない。 文化的および宗教的信念は、パキスタン人がゲストに対して愛と敬意を示すよう奨励しています。 特にイスラムでは、ゲストは神からの祝福であり、可能な限り最高の待遇を与えなければならないことが教えられています。

パキスタン人はスポーツ、特にクリケットが大好き

クリケットはイギリスによってパキスタンに導入されたスポーツであったかもしれませんが、今日、国はそれを独自のものにしただけでなく、世界最高のクリケットチームの1つを育てました。 ホッケー、スカッシュ、バドミントンなどの他のスポーツも広く行われ、高く評価されています。 ポロは、パキスタン北部にも特別な場所があり、世界で最も高いポロの1つがここにあります。

パキスタン人は回復力があり勤勉です

パキスタンの国が貧困のand延と非識字率の高さで国の経済状況に苦しんでいることはよく知られています。 テロリストの攻撃と政府の暴動も、ひどい結果をもたらしました。 これらの苦しみに関係なく、パキスタンの精神は生き続けており、国民はより良い未来のために希望と働き続けています。 パキスタンの人々は、彼らが誠実な政治的努力と彼らにふさわしいリーダーシップを得たならば、高く舞い上がるでしょう。

パキスタン人は大きな結婚式を挙げる

パキスタンの結婚式は文化の豊かさを象徴しています。 一回の結婚式で、これらの地元の伝統の多くの要素を紹介します。 パキスタンの結婚式には、多数の色、絹とシフォンの美しく刺繍された流れる生地、食欲をそそる食べ物、伝統的な装飾が施されたステージ、たくさんの音楽とダンスがあります。 パキスタンでの結婚式は深刻な問題であり、数か月前から準備が始まっています。 結局のところ、ほとんどの地元の結婚式は3〜6日間続きます。 祝賀会は通常、ヘナを捧げる日から始まり、音楽の夜と伝統的な儀式の夜が続きます。 その後、家族の新郎新婦の側によってスローされるディナーパーティーが2日間続きます。

パキスタン人は冷静にならず、寒気もありません

パキスタン人は情熱的で、感情的で、表現力豊かでカラフルな人々です。彼らの文化と同じです。 彼らが愛するものは何でも、彼らはたくさんの熱意と興奮でやります。 彼らは機会を問わず祝うことを愛し、ごちそう、プレゼントを贈り、パーティーを開き、友人や家族と定期的に大規模な集まりをすることはすべて非常に一般的です。

 

コメントを残します