東京で最も美しい6つの庭園

日本の庭園文化は世界的に有名ですが、日本庭園には盆栽やandがあります。 東京で訪問する最も美しい庭園のリストをお読みください。

清澄庭園

清澄庭園は、池と日本の茶室を備えた伝統的な日本庭園です。 庭園は、訪問者が水際を絵のように散歩するように構成されています。 日本中から大きな岩や石が持ち込まれ、庭の全体的なデザインに際立っています。 クロマツが植物の大部分を占めていますが、花木や花は季節ごとに色を与えます。 入場料は大人150円です。

毎日午前9時〜午後5時

〒135-0024東京都江東区清澄3-3-9

八方園

八方園は港区にある広大な公園です。 名前は、「8つの庭の庭」という意味で、季節や角度を問わず魅力的です。 広々とした敷地は写真の見事な背景を提供し、実際、庭は結婚式のパーティーや写真撮影に人気のある選択肢です。 懐石料理を提供するレストランからは池を一望でき、茶室からは茶道のエチケットレッスンなどを楽しめます。 レストランでの昼食やお茶会(1人7700円)など、平日に開催されるウォーキングツアーの予約をしてください。 ムアンティーハウスでは予約は不要ですが、敷地内の懐石料理店「エンジュ」ではお勧めです。

えんじゅう:毎日11:30-9:30

〒108-0071東京都港区白金台1-1-1

皇居東庭

インペリアルパレスイーストガーデンは、インペリアルパレスの敷地の一部であり、市内中心部に位置しています。 皇居自体は、新年の1月2日と皇帝の誕生日の12月23日を除き、一般公開されていません。 ただし、皇居東庭は一年中無料で一般公開されています。 庭園は美しく手入れされており、はがきや小物をお土産として販売している博物館があります。 入場するには、エントリのキオスクからトークンを取得し、退出時にトークンを返します(トークンは混雑を防ぎます)。 毎週月曜日と金曜日は休みです。

夏の午前9時〜午後4時、午後5時

東京都千代田区1-1

浜離宮恩賜庭園

美しい浜離宮庭園は、かつて徳川Cの狩猟場でした。 今日、それらは東京湾から供給される海水堀に囲まれた美しい公園と公共の緑地です。 浜離宮庭園には、日本の抹茶やお菓子を提供する伝統的な茶室もあります。 毎年恒例の東京大茶会が開催されるのはこの茶屋です。 公園へは2つの北門からアクセスできます。または、赤坂からの水上バスで景色の良いルートを利用できます。 入場料は大人300円です。

毎日午前9時〜午後5時

東京都中央区浜離宮1-1

小石川後楽園

小石川後楽園は、江戸時代に設立された、手入れの行き届いた手入れの行き届いた公園です。 東京で最も古い公園の一つです。 デザインと特徴は、委員が明らかに賞賛した伝統的な中国の美学からヒントを得ています。 公園は秋の紅葉の展示で有名です。 入場料は300円です。

毎日午前9時〜午後5時

東京都文京区後楽1-6-6 112-0004

東京国立博物館ガーデン

春の花見の間、および11月の紅葉の間、数週間、東京国立博物館の庭園が一般公開されます。

敷地内には、日本中から集められた5つのアンティークティーハウスがあります。 これらの数週間のパブリックアクセスの外で、ティーハウスはプライベートパーティーやイベントのために借りることができます。 唯一の難点は、最初に博物館への入場料を購入し、次に庭にアクセスするために600円を追加購入する必要があることです。 しかし、伝統的な建築と文化に興味がある人にとっては、一銭も価値があります。

花見期間中と11月、毎日午前9時〜午後5時

東京都台東区上野公園13-9

 

コメントを残します