あなたが好きになる9人の日本のヒップホップアーティスト

その安全性、清潔さ、そして有名な礼儀正しさを考えると、日本はヒップホップの態度ですぐに認められるわけではありませんが、ヒップホップのシーンは健在です。 J-Popの同時代人と同様に、日本のヒップホップアーティストは、常に進化を続けながら、ジャンル、アート、ファッションの境界を押し広げています。 あなたが日本のヒップホップの魅力的で多様な世界を探求することに興味があるなら、これらは東京とより広い日本の通りを走っていた名前です。

できるだけ早くロッキーが好きなら、コーをチェックしてください

ラッパーでアーティストの千葉友紀(別名KOHH)は、日本のヒップホップに興味があるだけでも知っているかもしれません。 おそらく最近最大の異文化間のブレークスルーであり、彼の最近のアメリカの影響を受けたトラック「 Dirt Boys」と「 Glowing Up」は国際社会の興味をそそり、彼を世界中で大いに支持しました。 彼の話は、日本の基準ではかなり典型的ではありません。 KOHHの両親は両方とも麻薬中毒者であり、彼が成長している間に彼の父親は自殺しました。 これらの困難は、良心的なラッパーがインタビューや彼の音楽で率直に語っているものです。 彼の人生経験は彼が彼の回復力に帰するものであり、ヒップホップシーンで突破する必要があるものです。

Chance the Rapperのようなアップビートのヒップホップについては、MCperoを聞いてください

日本では女性のMCはまだまだ少人数ですが、まもなく登場する名前の波があり、MCperoはその流れに乗っています。 1993年に埼玉で生まれたソロラッパーのシングルSKIPは、彼女の極度に冷ややかでありながら明るいヒップホップの取り組みを完璧にカプセル化したものです。 あなたが聞いているものが好きなら、彼女のデビューLPの一人遊び(翻訳:One Person Fun)をチェックしてください。これは2016年にインディーズレーベルOMAKE CLUBを介してリリースされました。

Tyler the CreatorのファンはkiLLAを掘ります

あなたのヒップホップがもう少しストリートで好きなら、東京のラップクルーkiLLAを通過することはできません。 重くトラップの影響を受けた、トラックSHINEのMC kZmの砂利のようなオープニングヴォーカルは、 ゴブリン(2011)のレコード時代タイラーザクリエイターに似ています。 完全に自給自足のkiLLAクルーには、プロダクション、エンジニアリング、ビデオチームが社内にあります。つまり、純粋なkiLLAであり、レーベルからの大きなプレッシャーや影響はありません。 もっと深く掘り下げたい場合は、グループのYoutubeチャンネルをチェックして、個々のメンバーそれぞれによるソロ作品をご覧ください。

J Dillaのクラシックヒップホッププロダクションがあなたの雰囲気なら、Nujabesに会ってください

彼は2010年に悲劇的に亡くなりましたが、レコードプロデューサー、レコードストアの所有者、DJ、作曲家、アレンジャー、そしてアイコンであるヌセベスジュンセバについて言及せずに日本のヒップホップについて書くことはほとんど犯罪です。 彼のヒップホップへの多様なアプローチは、ここ日本で新しい地平を切り開き、多くの野心的なプロデューサーが従うべき道を開いた。 多くの場合、ジャズとチルドアウトのハウスサウンドを彼のヒップホップクリエーションにブレンドします。Nujabesのリリースは、繰り返し聞こえることなくすぐに認識できます。 彼のキャリアを通じて、彼は母国と世界中の無数のアーティストと仕事をしました。

Kandytownはファレルのノスタルジックなサウンドに対する日本の答えです

日本のヒップホップシーンに浮かぶ大きなグループの1つであるKANDYTOWNは16人のメンバーで構成され、それぞれが独自のユニークなフレーバーをコレクティブの出力にもたらします。 KANDYTOWNのすべてのメンバーがラッパーであるわけではなく、プロデューサー、ビデオメーカー、その他のクリエイティブタイプがすべて集まって、日本のラップシーンをほぼ引き継いでいます。 多くのヒップホップアーティストがトラップミュージックバンドワゴンに飛び乗っていますが、KANDYTOWNは90年代のトレードマークのオールドスクールヒップホップサウンドに影響を与え、その名を上げています。

DJ Shadowを聴くと、DJ Krushを聞く必要があります

Nujabesと同様に、日本のヒップホップシーンについて少し知っていれば、DJ Krush(本名は石秀英)はまったく新しい名前ではないかもしれませんが、最近の努力は再訪する価値があります。 ジャズとソウルの世界から多くの影響を与えたDJ Krushのアウトプットは、日本だけでなく世界中のヒップホッププロダクションのルールを改革しました。 彼の音楽と同じくらい魅力的な石は、豊かな個人的な歴史を持っています。 若い少年として、彼は地元のギャングに参加するために中退し、やがて悪名高いヤクザのメンバーになりました。 伝説にあるように、友人に属している切断された指を発見した後、彼はありがたいことに暗黒街を出て音楽に集中することに決めました。

ニッキー・ミナージュの奇妙さはダオコと時間を過ごす

ニッキー・ミナージュについてあなたが望むことを言ってください。彼女が得意とすることの1つは、ヒップホップ、ポップ、そして今日の女性ラッパーであることの意味を押し広げることです。 日本のラッパーDaokoは、Nickiの奇妙さと境界線のプッシュを利用して、よりJ-Pop指向の世界に持ち込みます。 1997年に生まれたばかりのDaokoは、J-Pop、electroの世界をスピットファイアラップで届ける洗練された能力により、母国で非常に人気がありました。 彼女は間違いなく、今後数年間、国際社会が注視すべき一つの名前です。

パキンはディジー・ラスカルスタイルのグライムを東京にもたらしている

Pakinの音楽は気弱な人向けではありません。 東京に拠点を置くMCは、英国の汚れの研磨エネルギーを日本の街に少しの間持ち込み、小規模ながら発展しているローカルシーンの育成を支援しています。 Dizzee Rascalについて読んだ後、インスピレーションを得たPakinは、たゆみなく新しい音楽をリリースし、英国と日本の架け橋として働いてきました。 彼はバーミンガムに拠点を置くDark Elementsのメンバーであり、彼自身の東京のGUMのメンバーでもあります。

 

コメントを残します