ボリビアの国旗の背後にある驚くべき意味

ボリビアの国旗が何を表しているのか疑問に思ったことはありませんか? または、その横にある奇妙な虹の旗は何ですか? 次に、国の最も象徴的なエンブレムの背後にある歴史と象徴性を学びます。

1825年に独立を達成すると、ボリビアの最初の旗は同様のトリコロールデザインでしたが、中央に緑赤緑の構成と金色の星と緑の花輪がありました。 革命的な英雄サイモンボリバルは、新しい国家の設立を象徴する歴史的な瞬間に、記念碑的なセロリコの頂点から旗を振った。

ちょうど1年後、議会は色を黄赤緑に変更し、象徴的なコンドル、アルパカ、セロリコ鉱山を特徴とする紋章を含めることにしました。 その後、1851年、当時の大統領は、ボリビアの2つの国花、 カントゥタパトゥジュの色を模倣するために、色を再配置する必要があると考えました。 この赤黄緑のデザインは現在も使用されており、各色はボリビアの国民的アイデンティティの重要な側面を表しています。

赤は、独立または多くのその後の戦争の1つのために戦った倒れたボリビア兵士の血を象徴しています。

黄色は国のかなりの鉱物の富を表します。 ポトシのセロリコは、かつて世界で最も収益性の高い採掘事業の1つであり、新しい世界の植民地化のためにスペインに出荷された数千トンの銀を生産していました。 鉱山の全盛期は長い間過ぎていますが、ボリビアには、国の経済の重要な部分を形成する鉱物が豊富な地域がまだあります。

緑はボリビアの肥沃な土地を表しています。 これは主に、東部ボリビアの大きなパンパス地域と、不毛の西部アルティプラノ (高原)およびアンデス山脈と明確に対照的な青々としたアマゾン盆地に関連しています。

多くの訪問者は、ボリビアに別の国の紋章があることを知りません。 ウィファラとして知られるカラフルなチェッカーフラッグは、大陸全体のアンデス固有の文化の象徴です。 エボ・モラレス大統領が国を多民族国家に転換するための新しい憲法を施行した2009年に公式にボリビアの2番目の国旗になりました。これにより、国の先住民にさらに多くの権利が与えられました。

ウィファラは、すべての公共の建物のボリビアの旗の隣に飛ぶように命じられました。これは、ボリビアの東部の人口の一部をアンデスの文化と同一視せず、法令を望ましくない文化的流用の一形態と見なした動きです。

別の興味深いボリビアの紋章は、海軍の旗です。 内陸国であるにもかかわらず、ボリビアには、国の多数の湖と川をパトロールする誇り高い海軍がいます。 エンサインには、各部門を表す9つの小さな星と、1879年の太平洋戦争中にチリに失われたリトラルの沿岸地域を象徴するはるかに大きく明るい10番目の星があります。

 

コメントを残します