京都でやるべきことと見るべきこと

京都は関西で最も人気のある観光地の一つです。 島国の元首都として何世紀にもわたる歴史を持ち、日本の主要な宗教の中心地の1つである京都には、数多くの文化的名所があります。 ここでは、街で最も忘れられないことを見てみましょう。

京都の芸ikoと舞ikoの春の踊りをキャッチ

京都旅行のウェブサイトの多くは、京都周辺、特にG園地域の芸者を見つけることができることについて話しますが、多くの場合、これらは伝統的な服を着た単なる観光客です。 春の踊り– 3月の北野踊り、4月の京踊りと宮古踊り、5月の鴨川踊り–街の芸iko舞iko (京都芸者とその弟子)による実際のパフォーマンスの珍しい姿をつかむチャンスです。 。

龍安寺の石庭で禅を見つける

仏教寺院

他の伝統的な日本庭園とは異なり、禅の石庭は水を含まない乾燥した風景の庭園です。 代わりに、砂利と砂は、波打つ水を表すパターンに注意深くかき集められます。 龍安寺はおそらく京都で最も有名な禅仏教庭園です。 15の岩がグループ化されており、ベランダに立っている間は一度に14しか見ることができません。非常に禅です。

伏見稲荷大社で願い事をする

神社

伏見稲荷は、10, 000の朱色の神社の門で、京都で最も人気のある場所の1つです。 ただし、稲荷山の登山道を巡る前に、入り口近くのオモカルストーンズに立ち寄ってください。 2つの石灯籠には、それぞれギボシと呼ばれる重い飾りが付いています。 願い事をして、ギボシの一つを持ち上げてみてください。 あなたが石が予想よりも軽いと思うなら、それはあなたの願いが叶うと言われています。 しかし、石が非常に重いと感じる場合、目標を達成するのに苦労と試練に直面するかもしれません。

妖怪街で日本の幽霊やゴブリンを発見

ショップ

日本の土着の神道宗教は、自然崇拝とアニミズムに基づいています。オブジェクトは、アニメーションと無生物の両方が霊で具現化されるという信念です。 その結果、日本の民間伝承には、かなり興味深い珍しい妖怪 、または傘の怪物を含む超自然的な生き物がたくさんあります。 グールやゴーストに興味があるなら、地元のお店で作られた手作りの妖怪モンスターが住んでいる商店街である京都の妖怪通りを散策してください。 この地域では、年間を通して妖怪をテーマにしたイベントも開催しています。

吉吉で日本で最も有名なオムライスを食べる

レストラン、日本料理、$$ $

京都特有の食べ物ではありませんが、京都のレストラン吉吉のオムライス (オムライス)は、シェフの幸村元吉の代表的な料理のテクニックのビデオをアップロードし始めたとき、ウイルスのような感覚になりました。 モトキチは、ふわふわのオムレツをライスピラフの山の上で優しくバランスをとり、シェフのナイフでスライスし、オムレツの卵のような中身をご飯の上に広げ、濃厚なデミグラスソースをトッピングします。 オムライスは誰でも家で作ることができる謙虚な料理かもしれませんが、 キチキチのバージョンは単に別のレベルにあります。

日本一のビーガン料理とベジタリアン料理をお楽しみください

菜食主義者と菜食主義者、喜ぶ! 京都は、世界で最もミシュランの星付きレストランの数が多い都市であるだけでなく、菜食主義者やベジタリアンに優しい場所でも有名です。 精進料理の伝統的な仏教のビーガン料理から、豆乳が加熱されると豆乳の上部に形成される肌から作られる繊細な湯葉 、そして湯豆腐(豆腐鍋)には、非肉と非肉のための終わりのないリストがあります-楽しむための乳製品を食べる人。 また、地元産の新鮮な地元産のsho子やかもなすなど、京都の特産野菜を使った料理もお見逃しなく。

独自の緑茶を収穫して、れたてのカップをお楽しみください

京都の宇治市は、日本で最も有名な緑茶の産地の1つであり、この地域のいくつかのプランテーションでは、訪問者向けの茶摘みツアーを提供しています。 緑豊かな茶畑の美しい景色を楽しみ、専門家から手作業で繊細な茶葉を摘む方法を学び、それから手omiと呼ばれる特別な手巻き技術を使用して収穫したバッチで新鮮なfreshを作ります。 そのような人は、伝統的な茶摘み服を着ることさえできます。

本家西尾八橋G園で宇治抹茶パフェで甘い歯を満足させる

デザートショップ、デザート

宇治市の最高級の緑茶葉は、抹茶粉に細かく挽かれ、正式な茶道から伝統的な和菓子の製造まですべてに使用されます。 街中のカフェで人気のモダン抹茶デザートと京都のお気に入り、宇治抹茶パフェをお楽しみください。 ke園エリアにある本家西尾八橋ashi園では、マカロン、ホイップクリームなどをトッピングした退廃的な抹茶パフェを提供しています。

京都最大のカクテルバー「L'Escamoteur」のミクソロジーに魅了されて

バー、カクテルバー、フュージョン、$ $$

特に日本的ではありませんが、カクテルバーL'Escamoteurはまだ見逃せない体験です。 古いフランス語で「魔術師」を意味するL'Escamoteurは、フランスの実際の魔術師が所有しています。 20世紀初頭の薬局に基づいたインテリアで、バーの昔ながらの雰囲気は確かに歴史的な京都の場違いではありません。

これらの推奨事項は、旅行プランを最新の状態に保つために2020年1月13日に更新されました。
 

コメントを残します