シカゴビーンの簡単な歴史

ほとんどの人にとって、このステンレス鋼のフィギュアは芸術作品です。しかし、観光客にとっては、自撮りの最良の機会です。 「ビーン」としても知られるクラウドゲートの彫刻は、シカゴで見るべき最高のものの1つです。 この豆は、2004年のミレニアムパークのオープニングで披露された大きな公共の彫刻です。現在、シカゴの有名なシンボルとして機能し、街で最も写真が撮られているアトラクションの1つです。

Beanは、写真に写っている間にシカゴの美しいスカイラインを撮影するための最良の方法の1つです。 ロンドンを拠点とするアーティスト、アニシュ・カプールによってデザインされた彼の作品は、1999年にミレニアムパークに置かれる「ショーピース」彫刻のために提出された2つの提案から選ばれました。 最初は、多くのシカゴ人がこの金属片に非常に批判的でした。特に2004年の公園の開業中に構造が建設中であったためです。 。

正式な称号が与えられる前でさえ、シカゴの人々はその独特の形をした後、反射する鉄の彫刻「豆」を素早くダビングしました。 ただし、公式のタイトルは「Cloud Gate」です。表面の80%が空を反射し、反射をゲート形状に曲げるからです。

今日、The BeanにはSnapchatに複数のジオタグがあり、人々が常に彫刻の銀色の表面に触れる衝動を抱いているように見えるのは滑comicです。 クリーナーは、1日2回、早朝に1回、夜に1回、全体を磨いてきれいにします。 その間、1日7回まで(指紋を取り除くために)下6フィートを拭き取るクリーナーがいます! クラウドゲートはシカゴの象徴であり、街を訪れるすべての人が時間をかけて見るべき最高のアトラクションの1つです。

 

コメントを残します