京都で最も重要な神社である伏見稲荷大社の簡単な歴史

伏見稲荷大社は、京都で最も重要な神社であり、最も印象的なアトラクションの1つです。 京都の南部に位置し、様々な神社と朱色の鳥居神社の門で有名で、それらの何千もの神聖な稲荷山に巻き上げられています。 何をするにしても、見逃さないでください。

伏見稲荷大社について

伏見稲荷大社は、稲、酒、繁栄の神であり、ビジネス、商人、製造業者の守護神である稲荷の総本山です。 この神社は、稲荷山のふもとにあり、233メートル(764フィート)の山に4キロメートルにわたって広がる多くの小さな神社があります。 有名な鳥居神社の各門は、幸運と幸運を得るために個人または日本の企業から寄付されました。 ドナーの名前は、各ゲートの背面に黒インクで刻まれています。

伏見稲荷大社の歴史

神社は711年に設立され、京都で最も古く、最も歴史的なランドマークの1つとなっています。 京都南西部の稲荷山にHat家によって設立され、816年に現在の場所に移動しました。神社の起源に関連する興味深い物語があります。 伝説によれば、餅が空中に放たれ、白鳥になって飛び去り、やがて山の頂上に着陸しました。山の頂上では、米が育ちました。 これにより、高台に神の神である大神稲荷が安置され、伏見稲荷大社が始まりました。

この神社は、平安時代初期(794-1185)に皇帝の後援の対象となりました。 942年、神社の最高位に昇格しました。 本殿は1499年に建てられ、日本の重要文化財に指定されています。 下の神社、中の神社、上の神社、補助神社の5つの神社があります。

神社の入り口には、1589年に武将と日本の統治者である豊臣秀吉からの寄付により建てられた、神社の正門である歴史的に重要な楼門があります。

神社の裏庭には千本鳥居千本の鳥居 )があり、 鳥居の入り口はハイキングコースです。 それは、ほとんどの外国人が伏見稲荷大社を訪れる主な理由である、2つの密集した平行な門の始まりです。

あらゆる年齢の人々が神社に集まって、豊かな収穫、ビジネスの成功、そして彼らの願いと夢が叶うことへの希望を祈っています。 特に新年の最初の祈りのために、何千人もの人々が祝福を求めて集まります。 人気のある神社には、日本中に散らばっている30, 000以上の神社があると考えられています。

伏見稲荷大社のキツネ

伏見稲荷大社を数分訪ねると、神社の敷地内にたくさんのキツネの像があることに気付くでしょう。 なぜあなたは尋ねるかもしれませんか? 日本語のキツネまたはキツネは、奈良の奈良公園の鹿によく似た神の使者とみなされています。 いくつかのキツネは口に鍵さえあります。 これらは、彼らが保護する米穀倉の鍵です。

アクセス

神社はJR奈良線の稲荷駅のすぐ外にあり、JR京都駅から電車で5分です。

京都府京都市伏見区Ya内町深草68番地75-641-7331

 

コメントを残します