インドの挨拶「ナマステ」について知っておくべきことすべて

ナマステ ! これは、インドでよく耳にする言葉の1つであるため、この国への訪問を計画している場合は、心から理解し、学ぶ必要があります。

まあ、インドだけでなく、ネパール、バングラデシュ、アジアの他の南および南東部などの近隣諸国でも話されています。 ヒンズー教の習慣で人々に挨拶するこの敬意を表するジェスチャーには、あなたが知っておくべき異なる精神的な意味と意義があります。

NamaskarまたはNamaskaramとも呼ばれ 、このジェスチャは、ゲストや親relativeを歓迎するために使用されるほか、見知らぬ人に謝罪するためにも使用され、敬礼と崇敬の両方として機能します。 ジェスチャーは、他の人に名誉、礼儀、礼儀正しさ、おもてなしと感謝を表すと言われています。 挨拶として使用されるほか、寺院やその他の宗教的な場所での正式な礼拝で使用される16個のウパチャラの一部でもあります。 神を礼拝することになると、 ナマステは「神に挨拶する」ことを意味します。

ナマステは、インドの日常の手順の一部です。 したがって、このジェスチャーは、さまざまなインドの古典舞踊形式、日常の宗教儀式、ヨガのポーズでよく見られます。 インドでこのジェスチャーを実践すると、ここで人々とのつながりを築き、大きな絆を築くのに役立ちます。

「ナマステ」という言葉の意味

サンスクリット語に由来するナマステは、2つの単語namasteを結合して形成されます。 「 ナマス 」は「弓」、「崇拝」、「従順」、「敬礼」を意味します。 「 te 」は「あなたへ」を意味します。 したがって、 ナマステの文字通りの意味は「お辞儀」です。

ナマステの言い方

ナマステを伝統的なスタイルで言いながら、指を少し上に向けて両手を一緒に押し、胸の近くの内側の親指と手のひらを触る必要があります。 今日では、 ナマステも弓なしで言うことができますが、弓でそれを言うとき、それは特に年長者や大切な人にそれを言うとき、挨拶をより形式的で敬意を表します。

ナマステの精神的な意味

ヒンズー教の習慣によれば、 ナマステには霊的な意味もあります。 ヒンズー教徒は「神と魂は誰でも同じだ」と信じています。 だからあなたがナマステを誰かに言うとき、それは「私はあなたの中の神に礼をする」ことを意味します。 このジェスチャーは、眉のチャクラ、つまりマインドセンターまたは第三の目にも関連付けられています。 したがって、誰かに直接会うとき、あなたは肉体に会うだけでなく、彼らの心にも会います。 そして、頭を下げて手をつないでナマステと言うとき、ジェスチャーは「私たちの心が満たされるかもしれません」を意味します。 これは、あなたが出会う人への愛、尊敬、友情を表現する素晴らしい方法です。

ナマステの地域バージョン

インドは非常に多様な国です。 したがって、 ナマステはさまざまな文化や言語で異なって話されています。 テルグ語ではNamaskaramuluと呼ばれ、カンナダ語ではNamaskaraまたはNamaskaragaluと呼ばれます。 ヴァナッカムは、タミル語ではマラヤラム語で、 ナマスカラムではその言い方です。 東インドでは、ベンガル語でノモシュカル 、アッサム語でノモシュカル呼ばれています。 ヒンズー教徒だけでなく、シーク教徒も手をたたむことで人々に挨拶しますが、彼らの挨拶は「 Sat Sri Akal 」と呼ばれます。

 

コメントを残します