グアダルーペ大聖堂について知っておくべきことすべて

メキシコシティへの訪問者は間もなく、この教会に関連する人物に気付くでしょう。お土産、タトゥー、ポスターなど、グアダルーペの乙女はメキシコの女王であり、アメリカ大陸の女帝です。 彼女の名誉に基づいて建てられ、現在世界で最も訪問された宗教的な場所の1つであるグアダルーペ大聖堂ほど強い彼女のカルトはありません。 知っておくべきことはすべてここにあります。

バックグラウンド

伝説によれば、バプテスマを受けたアステカ族のインディアンであるフアン・ディエゴは、冬の死の時にテペヤックの丘を歩いていたとき、若い女の子の出現を見ました。 彼女は彼に地元の司教を訪ね、聖母マリアが丘の上に彼女の名誉のために建てられた教会を望んでいたと彼に言うように頼みました。 フアン・ディエゴは彼が言われたことをし、地元の大司教を数回訪問しましたが、そのたびに司教は彼の話を拒否しました。

フアン・ディエゴが丘を最後に訪れたとき、メアリーは彼に、丘の別の場所にバラを集めるように言った。 驚いたことに、バラはまさに彼女が言ったところにあり、彼は彼のティルマ (マントのようなポンチョ)にそれらを集めて司教に運びました。 彼が司教の足元に花を置いたとき、彼のティルマの正面は今では有名なグアダルーペの聖母のイメージで飾られ、司教は彼女の目撃の奇跡を確信しました。

先住民の処女

大聖堂が建てられた地域は、メキシコのメキシカ人にとって長い間神聖な場所でした。 スペイン人がメキシコを征服したとき、地元の人々はテペヤックの丘の上にある異教の神社を訪れることを禁じられていました。 この特定の目撃例(世界中に多く見られます)で、若い女性は母国語でフアン・ディエゴと話をしました。 これは地元のアステカ人に対する彼女の魅力を増し、多くは彼ら自身の1人への彼女の出現の結果としてカトリックの洗礼を受けました。

大聖堂の建物

1660年、グアダルーペの聖母への最初の礼拝堂がテペヤックの丘の高地に建設されました。 今日も訪れることができるこの小さな礼拝堂は、Capilla del Cerritoとして知られ、1695年に聖母の名誉で最初の大聖堂が建てられるまで奇跡を示しました。何世紀にもわたって改造が行われ、バシリカの下に沈んだ地面によって大規模な被害が発生した後、同じ広場の片側に新しいバシリカが建設されました。

グアダルーペの聖母の新しい家

新しいバシリカは、ペドロ・ラミレス・バスケスによって1974年から1976年にかけて建設されました。 建物は1970年代の雰囲気を持ち、アメリカ南部の昔ながらのリバイバルテントのように見えます。聖書で言及されている7つの入り口は、天のエルサレムの7つのゲートを表しています。 この教会を囲む敷地内には、カプチーナ修道女の修道院の残りの建物や、バジリカやフアンディエゴに捧げられたものなど、さまざまな小さな礼拝堂に関する博物館もあります。 全体の複合体は、ラヴィラ大聖堂と呼ばれます。

巡礼者の行列

メキシコシティへの非カトリックの訪問者は、リストに非常に高いバシリカを持っていないかもしれませんが、バシリカとその物語はメキシコの歴史の重要な部分であり、地元住民と訪問巡礼者の日常生活に不可欠です。 毎年2000万人が大聖堂を訪れ、900万人が12月12日のグアダルーペの聖母の祝日のために訪れると信じられています。多くの場合、専用の巡礼者が玄関から前の祭壇までひざまずきます。

聖母を垣間見る

1日最大30の大衆がバシリカで開催され、巡礼者は長い列に並んで 、現在防弾ガラスで保護されているフアンディエゴのティルマの前を通る3つの動く歩道の行列に参加します。 信者は、祝福された聖母に敬意を表して、祈り、祝福の赤ちゃん、そして軽いろうそくを捧げます。 彼らはしばしば地元の司祭から祝福されたアイテムや装身具を持ってきます。 大聖堂の外には、時間に余裕のない人や中に入ることができない人のための独立したスタンド、一種のドライブスルーの祝福があります。

祝福された商取引

メキシコのほとんどの観光スポットと同様に、大聖堂ではお土産の買い物がたくさんあります。 ベンダーは、 乾いた巡礼者にスナック、 アグアスフレスカ 、アイスクリームを販売し、プラザの片側(歩道レベル)にあるお店の列は、彫像、Tシャツ、十字架、キャンドル、ネックレス、ポスター、カレンダー、その他何でもありますあなたの訪問の記念品として欲しい。 大聖堂を囲む通りには、ストリートフードベンダーや小さなママアンドポップレストランがたくさんあり、ここでボリュームたっぷりの(安い)ランチを食べることができます。

時間通りに教会に行く

La Villa Basilicaは、メキシコシティ地下鉄6号線を利用して「La Villa Basilica」停留所まで行き、広場まで数ブロック歩くか、地下鉄バス1番線でインディオス・ヴェルデスの終点まで行き、そこから歩いて行きます。 また、市内のどこからでもタクシーに乗って、タクシーに「ラヴィラ」まで連れて行くように言うことができます。 世界で最も訪問されたカトリックのサイトなので、彼らはそこに着く方法を知っているでしょう。

 

コメントを残します