タイのタトゥーについて知っておくべきことすべて

タトゥーは、単なるボディーアートではありません。 それらは、文化をつなぐために使用される芸術形式であるアイデアを共有する方法であり、1〜2箇条書きからあなたを守るかもしれません。 タイのタトゥーについて知っておくべきことはすべてここにあります。

歴史

アンコールのクメール帝国にさかのぼる人々は、危険から身を守るだけでなく、彼らに力を与えたと信じて、長い間複雑なデザインをしてきました。 タイのタトゥーは、男性の地位と軍事レベルも示しました。

サック・ヤントのタトゥー

アンジェリーナジョリーは、2004年に2つを受け取った後、神聖なSak Yantタトゥーを人気にしましたが、Sak Yantのタトゥーは数千年前に遡ります。 ジョリーは左肩にタイ文字を、腰にトラを描いています。

サックは「刺青する」または「タップする」ことを意味し、yantは「ヤントラ」-神秘的な図表の一種を意味します。 これらの入れ墨は正確に何を象徴していますか? ほとんどの人は、危険と死からの保護を提供し、幸運、力、勇気をもたらすと信じています。 タイの戦士と兵士は、これらのインクのデザインで頭からつま先までをカバーします。 国内で最も人気のあるスポーツであるムエタイは、リングでそれらを保護しているとファイターが信じているため、訪問者がサック・ヤントのタトゥーの幅広い配列を見る場所です。

ワットバンプラ

王国の訪問者が自分のSak Yantタトゥーを入手できる最も人気のある場所の1つは、ワットバンプラの寺院です。 毎年何千人もの人々がこの寺院に行き、これらの伝統的な入れ墨を受け取ります。 バンコクの西約30マイルに位置し、タトゥーパーラーであることに加えて、僧ksが住み、瞑想する仏教寺院でもあります。

この古代のタトゥーアートフォームを実行するには、2フィートの長い竹の棒または針が必要です。 設計が完了するまで、人の肌に何度も突き刺されます。 長時間痛みを感じることができない人のために、タイの周りに電気機械でサクヤントのタトゥーをするタトゥーアーティストがいます。

多くの人々は、竹の棒を使用することは衛生的ではないと信じています。竹の棒は別の被験者に使用される前に消毒用アルコールに浸されるだけだからです。 被験者が新しいタトゥーで神殿を離れる前に、アーティストは首にナイフをかけます。 これは、彼らを危害から保護すると言われています。

この入れ墨を受けた人は、特定のルールを順守しなければならず、ルールを破った人は後に結果を被ると考えられています。 ルールは、入れ墨をする人によって異なります。 最も一般的な規定の1つは、特定の種類の食品の摂取を控えること、または特定のイベントでの食品の摂取を避けることです。

神聖なインクタトゥーフェスティバル

ワットバンプラでタイ人が彼らの神聖なタトゥーを受け取るために集まる年の最も人気のある時期の1つは、Wai Kruとしても知られるタトゥーフェスティバルの3月です。

ここでは、大勢の人々がコンケンとして知られる深いトランス状態に入ります。 タイ人が乱暴に見つめ、走り、叫び、怒鳴りながら、神殿の境内に大声で叫ぶ叫び声があります。それらの多くは、すでにかなりの量のサクヤントのタトゥーを持っています。 出席者は、ルアンポーペルンの神社に向かって走ります。ルアンポーペルンは、入れ墨をした人に特別な能力を与えることで知られています。 祭りは、ワットバンプラの入れ墨の特性を与える力を若返らせることを目的としています。

仏教の入れ墨

タイに向かう多くの観光客は、この国が新しいタトゥーを入れるのに最適な場所であることを認識しています。 1つは、タイの他の地域よりもタイでインクを入れる方がはるかに安価であり、新しいタトゥーを海外で入手することほど自然で刺激的なものはありません。

そうは言っても、外国人がタイに行き、入れ墨を受け、数人以上の地元住民を不注意に怒らせるという事件が数多くありました。 どうしてこれなの?

仏教は主にタイで実践されており、観光客が自分自身に染み込んでいるように見える数少ないものの一つは、仏のイメージです。 ホスト国への刺激を避けるために、訪問者はいくつかのことを考慮する必要があります。

タイでは、頭は体の最も神聖な部分と見なされ、足は無礼と見なされます。 このため、仏教の入れ墨を取得する人は、無駄に1つを取得する前に2回考える必要があります-それは非常に不快と見なされる可能性があります。

また、実際の仏像に入れ墨を入れないようにすることをお勧めします。 タイ文化省は、仏教に神聖な入れ墨の画像から入れ墨屋を禁止することを期待してガイドラインを作成するまで行ってきました。 他の人は、画像がウエストより上にある限り適切であると信じています。

 

コメントを残します