韓服:韓国の民族衣装の紹介

韓国人の伝統的な服装である韓服には、衣服そのものと同じくらいカラフルな歴史があります。 韓服は約1世紀前まで毎日身に着けられていた韓国の重要な象徴であり、特別な行事や休日にまだ着用されています。 よく見てみましょう。

北アジアに遊牧民のルーツを持つハンボクは、もともと動きやすさを促進するために設計されました。 ハンボクの基本構造、特にジョゴリ (ジャケット)、 バジ (パンツ)、 チマ (スカート)は、高句麗時代(37 BCE-668 CE)に確立され、デザインの特徴は今日まで比較的変わっていません。

韓服は、冠婚葬祭と普段着に分類され、性別、年齢、季節によってさらに分類されます。 これらの分類の違いにかかわらず、すべての韓服の基本的な美的枠組みは、自然に対する韓国の愛着、超自然的な保護と祝福への欲求、およびConf教スタイルの服装規定に集中しています。

韓服の一般的なデザインは、線と角度の繊細な流れを作り出すことを目的としています。 韓屋の柔らかく傾斜した軒と同様に、伝統的な韓国の家屋-曲がったベーラ (ジャケットの袖の下の線)とドンジョンの鋭い角度(ジャケットの襟の白いしわのしわ )のバランスが、柔らかさと優雅さを示しています伝統的な韓国の美学。

韓服のもう一つの顕著な特徴は、鮮やかな色です。 伝統的な韓服は、陰陽理論の5つの要素、白(金属)、赤(火)、青(木)、黒(水)、黄色(土)に対応する鮮やかな色相を誇っていました。

色はまた、社会的地位と婚ital状況を象徴していました。 たとえば、明るい色は一般に子供や女の子が着用し、中年の男性や女性は落ち着いた色合いでした。 未婚の女性はしばしば黄色のチョゴリと赤のチマを着ていたが、母は緑と赤を着ていた。 上流階級はさまざまな色を着ていました。 対照的に、一般人は白を着用する必要がありましたが、特別な場合には淡いピンク、薄緑、灰色、木炭の色合いを着ていました。

自分の社会的地位は、彼または彼女の韓服の材料によっても識別できます。 上流階級は、暖かい季節には綿密に織られたラミー布または他の高品質の軽量素材のハンボクを着、年の残りの期間は無地と柄のシルクを着ました。 対照的に、一般人は綿に限定されていました。

ハンボクには、着用者の願いを表すために模様が刺繍されています。 たとえば、ウェディングドレスの牡丹は、名誉と富への願いを表しています。 一方、蓮の花は貴族への希望を象徴し、コウモリとザクロは子供への欲求を表しています。 ドラゴン、フェニックス、クレーン、トラは、王族と高官のハンボクのために確保されていました。

19世紀後半に始まった韓服は、西洋のスーツやドレスなどの新しい輸入品にほぼ置き換えられました。 現在、フォーマルおよびカジュアルウェアは主に西洋スタイルに基づいています。 しかし、伝統的な韓服は、結婚式、旧正月、祖先の儀式、子供の最初の誕生日であるドルなどの特別な行事やお祝いにまだ着用されています。

韓服は、1, 600年以上の歴史の中でさまざまな変化を遂げており、今日でも進化を続けています。 専門デザイナーは、シンプルなコットン、リネン、革、レースの伝統的なパターンや構造をレンダリングするデザインで、クラシックなモチーフをウェアラブルにしています。 ハンボクのこれらの現代的な再解釈は、ファッション界に影響を与え、シャンゼリゼからニューヨークファッションウィークのキャットウォークまで、世界中で発見されています。

どのように変化し続けても、韓服はその歴史的価値だけでなく、韓国独自の芸術的意義のために絶妙な文化遺産であり、今後も長年にわたって存在し続けます。

 

コメントを残します