ワルツィングマチルダの歴史

オーストラリアで最も有名なブッシュバラードと非公式の国歌は、1895年1月にアンドリューバートン(バンジョー)パターソン(1864-1941)によって書かれました。 「The Craigielee March」の曲に書かれた「Waltzing Matilda」は、前世紀にリリースされたいくつかのバージョンの歌詞を見てきました。 しかし、オーストラリアの奥地の困難に関連する歴史的意義はすべて同じです。

「ワルツィングマチルダ」とはどういう意味ですか?

「ワルツィングマチルダ」は、歌詞とタイトルの両方に古典的なオーストラリアのスラングをフィーチャーした象徴的な曲です。 「ワルツィング」という用語は、徒歩で旅行するための俗語であり、多くの場合、「マチルダ」に荷物を持って旅行します。 オーストラリア国立図書館によると:

「マチルダは「強大なバトルメイド」を意味する古いチュートンの女性の名前です。 これは、放浪者に同行した事実上の妻を意味するスラング用語として「マチルダ」の使用を通知した可能性があります。 オーストラリアの茂みでは、男の盗品が眠っているパートナーと見なされていたため、彼の「マチルダ」です。

スワッグマンの物語

「ワルツィングマチルダ」は、木の下でキャンプをしたスワグマン(「マティルダ」として知られるブランケットロールを運ぶことが多い、仕事から仕事へとドリフトしたりワルツをしたりする男性)の物語です。 彼が自分の水が沸騰してビリーティーになるのを待っていると、ジャンバック(羊)が来て、ナップザックに入れて盗みました。 しかし、所有者がナップザックの中身を尋ねる3人の警官を思いつくと、彼は滝waterに飛び込んでdrれ、幽霊としてサイトに出没し続けます。

この物語はダグワース駅でのストライキに基づいていると言われていますが、「ワルツィングマチルダ」とその背後にある創造物を取り巻く多くの民間伝承があります。 それに関連する広範なリストにより、Waltzing Matilda Centerはクイーンズランド州ウィントンに建設されました。

グレートシアラーのストライク

イギリスがオーストラリアに「自治」を与えた後、1891年はオーストラリアのグレート・シープ・シアラーのストライキをもたらし、植民地を内戦に近づけました。 裕福な地主対「農民」のイギリスの階級制度に反抗し、クイーンズランド州の首相であるサミュエル・グリフィスによって軍隊が呼ばれた後、最初のストライキは破られました。 残念なことに、1894年、ダグワース基地のせん断機が再び攻撃を開始し、攻撃が激しくなったときに空中でライフルとピストルを発射しました。 このストライキ中に、ダグワースホームステッドウールシェッドが燃えたため、100頭以上の羊が殺されました。

パターソンのポピュラーソング「Waltzing Matilda」は「社会の正義の原因を国民の心の前で守っていた」と考えられており、その結果、国民は刈り取り機の後ろに集まった。 裕福な人々が社会的重要性を失った後、1890年から1898年の連邦大会はオーストラリアの憲法を制定し、1900年にオーストラリアが独立を獲得できるようにしました。

「Waltzing Matilda」の作成

1894年のシアラーズストライクの数か月後、パターソンはマクファーソン家を訪問しました。ボブマクファーソンはダグワースホームステッドの所有者です。 滞在中、ボブはパターソンを駅周辺に連れて行きました。 コンボウォーターホールに立ち寄ったボブとパターソンは、最近殺された羊の皮を見つけました。 これを見つけたボブは、スト中にコンボウォーターホールで3人の警官と追いかけたホフマイスターという放火犯について説明しました。 しかし、捕らえられるのではなく、ホフマイスターは自分自身を撃ちました。

ある晩、ボブの娘クリスティーナはビクトリアで行われたウォーナンブールの障害物競走(競馬)で聞いた曲を、「クレイジーリーマーチ」と呼ばれるチザーで演奏しました。 パターソンがABCラジオで1930年代初期に述べたように、これがこの歌の始まりでした。

「刈り取り機がストライクを行い、ダグワースでのマクファーソンの羊毛が燃え尽き、男が拾い上げられました。

オーストラリアの非公式の国歌

1900年代初期に「Waltzing Matilda」がビリーティーカンパニーに販売され、製品の宣伝が行われたとき、この歌は大きな評判を得ました。 しかし、この歌は、「ワルツィングマチルダ」 「社会正義の原因を国民の心の前で守った」。 その結果、これは私たちの国歌であるべきだと多くの人が信じていました。 1977年、オーストラリアの国民的歌の選択を決定するために国民投票が行われ、結果として「Advance Australia Fair」が投票の43%を獲得し、続いて「Waltzing Matilda」(28%)、「God Save the Queen」が獲得されました(19%)および「オーストラリアの歌」(10%)。

1895年4月にハーバート・ラムゼイbyによってクイーンズランドで最初に演奏され、1926年にジョン・コリンソンとラッセル・キャロウによって最初に記録された「ウォルティング・マチルダ」は1974年のワールドカップと1976年のモントリオールオリンピックでフィーチャーされました。 スポーツを続けているこの曲は、ニュージーランドオールブラックスのハカに応えてオーストラリアナショナルラグビーユニオンチームの国歌として人気を集めています。 今日まで、この歌は「Avance Australia Fair」と並んで毎年恒例のAFLグランドファイナルで演奏されています。

オーストラリアの文化において非常に重要な意味を持ち、この歌の録音は、全国映画やサウンドアーカイブのオーストラリアのサウンドに登録されており、他のどの歌よりも多くなっています。

 

コメントを残します