日本で最も有名な相撲取り12人

日本の国技である相撲は、現代の日本の武道としてほとんどの人に知られています。 しかし、相撲の起源は、日本の民族宗教である神道の古代の伝統を保存する方法としてこのスポーツが開発された数世紀に遡ります。 今日、神道宗教の要素は相撲レスリングの不可欠な部分であり続け、スポーツの最大の競争相手は有名人の地位に昇格しています。 相撲の大御所の生涯と時代を見ていきます。

大ho

大hoは日本の伝説です。 地元の人々によって史上最高の力士と見なされ、21歳の若さで横綱 (スポーツで最高)のランクを達成しました。また、1968年から1969年までに45回連続で優勝したという区別もあります。

千代の富士

120 kg(260 lb)の重さで、千代の富士は相撲の基準から足が軽いと見なされていました。 彼はサイズが足りなかったので、テクニックで補いました。 彼の劇的なスローモーションと強力な左手グリップ(ファンやコメンテーターに「死のグリップ」として知られている)により、彼はこのゲームで最も成功した面白いレスラーの1人になりました。 引退後、彼は自分の相撲小屋を開き、2016年に膵臓癌から亡くなるまで走りました。

まいのうみ

身長の要件を満たしていないために当初相撲協会によって拒否されたMainoumiは、医師に、数センチ追加するために頭皮にシリコンを注入するように説得しました。 彼の比較的低い身長にもかかわらず、彼は彼のサイズの2倍以上の競争相手と対戦することで広く認められました。 相撲協会は身長制限を変更し、他の力士が自分の足跡をたどろうとしないようにしました。

双葉山

双葉山は、69の連勝で優勝した史上最高の記録を保持しています。1930年代に達成された相撲ファンの多くは、彼の記録は破れないと考えています。

水戸泉

相撲の世界では「ソルトシェーカー」として知られる水泉は、試合前の儀式でリングに大量の精製塩を投げて、海外の相撲ファンを楽しませました。

たかみさかり

彼の風変わりな性格とオーバーザトップのウォームアップルーチンで有名なタカミサカリは、相撲界で有名人になりました。 彼はニックネーム「Mr. Roboto」と「Robocop」、および彼のウォームアップは、日本の伝統的な相撲よりもアメリカのプロレスのそれに似ています。

山本山

驚異的な265 kg(584 lb)の重さを誇る山本山は、歴史上最も重い日本人生まれの力士であることの区別があり、多くの人がこれまでで最も重い日本人だと信じています。 彼は試合修正スキャンダルに関与したため、2011年に退職を余儀なくされました。

あけぼの

ハワイで生まれ育ったAkebonoは、最初は家族経営の友人が彼を有名で尊敬される相撲屋に紹介するまで、ホテル経営のキャリアを計画していました。 stableに加わった後、keはすぐにランクを上げて、 横綱のランクを達成した最初の日本人以外のレスラーになりました。

白ho

モンゴルのウランバタール出身の白hoは、リングの強さと対戦相手の動きを予測する能力で知られています。 彼は暦年で最も多くの勝利を記録し、2009年には90試合中86試合を勝ち取った。

ジョン・テンタ/言天山

「地震」として知られるカナダのWWFレスラーとしてスタートしたテンタは、バンクーバーの元横綱との偶然の出会いの後、1985年に日本に移住し、相撲に参加しました。 80年代の西部相撲選手は非常にまれであり、プロとしてのキャリアは1年未満でしたが、24試合すべてに勝ったため、彼は多くの報道を受けました。

コニシキ

ハワイで生まれ育ったコニシキの最大体重は287 kg(633ポンド)で、「肉爆弾」と「ダンプトラック」という愛称が付けられました。 彼は相撲に出場した史上最も重いレスラーです(前述の山本山は日本生まれの最も重い相撲取りです)。 彼は横綱の地位に決して達しなかったが、彼はエンターテイメントで成功したキャリアを楽しみ続け、映画、テレビ、ラジオで紹介されました。

力道山

力道山は韓国の南Ham鏡でキム・シンラックに生まれ、相撲取りになるために日本に移り、1940年にデビューしました。彼はすぐに日本最大のレスリングスターになり、日本でプロレスのスポーツを普及させたことで有名です。 悲劇的なことに、力道山は1963年にヤクザのギャングによってナイトクラブで殺されました。

 

コメントを残します