フィリピンのワシ:フィリピンの国鳥に関する11の事実

フィリピンのワシまたは猿を食べるワシは、世界で最も希少で最も強力な鳥の1つと考えられています。 東南アジアの国はそれを国鳥と宣言し、この絶滅危species種をあらゆる犠牲を払って保護し、12年の懲役または高額の罰金で殺した罪で有罪とされた者を罰します。 以下に、この雄大な鳥に関する11の興味深い事実をまとめます。

60歳まで生きることができます

フィリピンのワシの平均寿命は30〜60年です。 フィリピンの2頭のワシは40年以上生きていることが記録されました。そのうちの1頭は2016年10月に死亡しました。 当局は、彼女の捕虜が彼女の状態を悪化させたと信じています。 したがって、フィリピンのワシは野生に残された場合、より長く生きることができると考えられています。

雌のフィリピンワシは通常大きい

巨大な森林猛禽類は希少で強力であると考えられているだけでなく、その長さでも知られています。 最大3フィートまで成長し、翼幅は最大7フィートまで伸びます。 オスとメスのフィリピンのワシの平均測定値は、メスのフィリピンのワシがオスのワシよりも10%大きくなる可能性があることを示唆しています。 長さの面では、それは世界で最大の生き残りのワシと考えられています。

本当にサルを食べない

以前の信念では、フィリピンのワシは猿を捕食するため、猿を食べるワシとしても知られていると示唆されていました。 しかし、一般的な信念に反して、フィリピンのワシは猿を食べません。 最近の研究によると、通常はげっ歯類、コウモリ、ヘビ、ブタなどのさまざまな動物を捕食します。

それは顕著なノイズを持っています

フィリピンのワシから聞こえる騒音は、大きくて甲高いと言われ、その激しい特徴と領土の特徴を示唆しています。

人間よりもはっきりとした視力を持っています

フィリピンのワシの明確な特徴は次のとおりです。長い王冠の羽、巨大なアーチ型のくちばし、および非常に鋭いと言われている2つの青みがかった目。 これらの鳥は、人間に比べてはるかに鮮明な視力を持ち、人間の目で見ることができる距離の8倍の距離を見ることができます。

フィリピンの4つの主要な島で発見されています。

フィリピンでのみ発見されており、4つの主要な島で見つけることができます。 これらは、レイテ島、ルソン島、ミンダナオ島、サマール島です。 しかし、銃撃と捕獲のため、フィリピンのワシは何年もの間絶滅の危機にhasしています。 厳格な法律が普及しているにもかかわらず、フィリピンのワシが森林で撃たれている例がまだあります。 したがって、フィリピンイーグルセンターは、この非常に脅された猛禽類の保護繁殖施設として設置されました。

森林伐採は通常その死の原因です

森林、特に緑豊かな密林は、フィリピンのワシの家です。 国の豊かな緑にもかかわらず、大規模な伐採と資源の無責任な使用は森林を殺し、それによって種の家を殺しています。 射撃や捕獲以外にも、森林伐採はフィリピンのワシの死亡の主な原因と見なされています。

フィリピンのワシは一夫一婦で忠実です

フィリピンワシは非常に忠実であると伝えられています。 パートナーとペアになると、彼らは残りの人生でカップルとして残ることを選択します。 彼らの子孫に関しては、フィリピンのワシは2年ごとに1つの卵を産むだけです。 そして、彼らが別の卵を産む前に、親ワシは彼らの子孫がすでにそれ自身で生き残ることができることを確実にします。

英国の博物学者がフィリピンのワシを発見

この強力な鳥種を発見したのはフィリピン人でも地元の人でもありませんでした。 イギリスの博物学者で探検家のジョン・ホワイトヘッドは、1896年にサマルのパラナスで標本を見つけたときにフィリピンのワシを発見しました。 探検と探検に資金を提供した父親に敬意を表して、フィリピンのワシは科学的に「Pithecophaga jefferyi」と名付けられました。

認識された亜種はありません

フィリピンのワシは1995年に国の鳥として名付けられました。前大統領フィデルラモスによって署名された宣言第615号は、国の鳥としての種の認識に道を譲りました。 フィリピンでしか見られないため、そのように認識されており、宣言によれば、その強さと自由への愛という顕著な特徴はフィリピン人を例証しています。 他の猛禽類とは異なり、フィリピンのワシには近縁種や亜種が知られていないため、非常にユニークです。

その目撃は健康的な環境を示しています

森林に生息しているため、フィリピンのワシの目撃は森林の健全な状態を示していると多くの人が信じています。 さらに、その存在は、生態系と健全な自然環境のバランスが取れていることを示唆しており、洪水と気候変動の影響は最小限に抑えられています。

 

コメントを残します