リーガルエレガンス:インドネシアの伝統衣装を見て

インドネシアの豊かな文化は、パフォーマンスアート、手芸、習慣、儀式、伝統衣装など、その遺産の多くの側面に現れています。 何世紀も前にさかのぼるインドネシア人は、特に特別な機会に、伝統的な服装を着ることを誇りに思っています。 インドネシアの伝統的な衣装を上品にご覧ください。

民族衣装

その多様な文化と同様に、インドネシアにも多くの異なる伝統的な服装があります。 しかし、おそらく最も重要なのはバティックケバヤです。 これらのコスチュームは、もともとジャワとバリの文化に属していましたが、国の進歩と政治におけるこれらの地域の卓越性は、それらに文化的な優位性も与えました。 一部の文化では、伝統的な衣装は王室や影響力のある家族や特別な行事にのみ予約されており、詳細で贅沢な詳細を説明しています。 そうであっても、多くは現在、日常の使用に適応しています。

バティック

バティックは、伝統的な染色技術を使用して作られた複雑なパターンを持つ布です。 この技法は、さまざまな地域でわずかに異なる方法で実践されており、材料とパターンの結果が異なります。 伝統的に、男性と女性は腰の周りに布を巻いてバティックを使用します。 しかし、今日では、伝統的なファブリックははるかにモダンな外観を前提としています。 バティックの布は現在、男性用のフォーマルなシャツ、ドレス、スカート、ハンドバッグなどのアクセサリーに縫い付けられています。

バティックは今日まで、特に結婚式やフォーマルな集まりなどのフォーマルな機会に広く着用されています。 一部の企業は、従業員がドレスコードとしてバティックシャツを着用する必要がある週に1日、通常金曜日を割り当てます。

ケバヤ

ケバヤは、ジャワ、スンダ、バリの文化の伝統的な衣装ですが、現在ではインドネシアの女性向け民族衣装として認識されています。 繰り返しますが、地域によってケバヤの見方は異なりますが、通常は絹、薄い綿、またはブロケードや刺繍で装飾されたシースルーナイロンなどの薄い生地で作られています。

バティックと同じように、結婚式やその他の重要な集まりに出席する場合、ケバヤは依然として人気のある服装の選択肢です。 また、外交官の最初の女性や妻がよく着用します。 インドネシアの女性は、毎年4月21日にケバヤを着用して、女性の権利と解放の象徴であるカルティーニを記念することを伝統にしています。

多様性

34の州に広がる何百もの民族グループの本拠地であるインドネシアの伝統的な衣装は、実際には民族と同じくらい多様です。 今日、各州は、実際にはそれぞれに無数のバリエーションがありますが、男性と女性の伝統的な衣装または地域の衣装のセットで表されます。

各伝統的な衣装は、伝説、信念、シンボル、さらには他の文化との同化の影響を受けます。 たとえば、ジャカルタの伝統的な服装は、アラブ、中国、マレーの文化からの影響を反映しています。

一方、バリの伝統的な服装は、装飾品やシンボルを通してヒンドゥー教の影響を反映しています。

伝統的な衣装の現代的なテイク

現在、バティックはさりげなく着用されることが多く、ジーンズやスニーカーを履いても合わせることができます。 女性は、マキシスカートからヒジャーブを着て、シックなミニドレスまで幅広いバリエーションを楽しんでいます。

インドネシアのファッションデザイナーは、伝統的な服装の美しさと複雑さからインスピレーションを受け、何世紀も昔の技術と哲学に基づいた現代的なコレクションをしばしば生み出しています。 例えば、有名なオスカー・ラワラタは、2016年にロサンゼルスで開催されたファッションショーに彼の現代のバティックコレクションをもたらしました。

 

コメントを残します