SFのロシアンヒルでやるべき10のこと

ロシアンヒルの名前の由来となる傾斜は、肺と足の両方に深刻なテストをもたらしますが、この歴史的な地区を探索する勇敢な人は、信じられないほどの景色、折shops的な店、思い出に残るレストラン、サンフランシスコの名所が登山の間に休む場所をたくさん提供していることに気付くでしょう。

ポークストリートショッピング

ロシアンヒルの主要な大通りの1つであるポルクストリートに行き、さまざまなショップやブティックのコレクションをご覧ください。 FermeàPapierには、デザイナーCat Setoの豪華な手書きイラスト付きプランナー、アートプリント、文房具などがあります。 ビンテージグッズや風変わりな新しいアイテムを探している人なら誰でも、レトロなバーウェアと並んでマナティーのトートバッグが保管されているBelle CoseとMolte Coseのコネクテッドショップを高く評価するでしょう。 すべての歴史的な地区には独立した書店が必要であり、ロシアの丘の書店はここでその要件を満たしています。 子供や大人向けの新しい本や古本に加えて、このショップではビンテージの楽譜を販売しています。

Polk Street Shopping、カリフォルニア州サンフランシスコ

セントフランクコーヒー

セントフランクコーヒーのシンプルでスカンジナビア風のインテリアは、にぎやかなポークストリートから歩いてすぐのところにあるとは信じられません。 装飾されていない白い壁は、特に下に隠れている機械によって整頓された暖かい木製のカウンタートップに会います。 しかし、開放的で風通しの良い空間以上に感心するものがあります。 セントフランクは、コーヒーの注ぎからフィルター、エスプレッソまで、あらゆるコーヒーへの渇望を扱っています。 上のロフトスペースのおかげでたくさんの座席があるので、しばらく滞在して落ち着いた雰囲気を味わってください。

Saint Frank Coffee、2340 Polk Street、San Francisco、CA、USA、+1 415 775 1619

セントフランクコーヒー| ©blu_pineappl3 / Flickr

ロンバードストリート

スティックラーは、この街で最も急でも曲がりくねった道でもないことを指摘しますが、ハイバーとレブンワースの間のロンバード通りの建築、庭園、レンガ造りの舗装されたスイッチバックは、このブロックをサンフランシスコの古典的な写真操作にします。 群衆を期待していますが、この停車地をスキップしないでください。 車がブレーキをかけ、絵のように美しい通りを蛇行しながら、車間で最高の写真のポジショニングを行う大胆な通行人を避けます。

ロンバードアンドレブンワース、カリフォルニア州サンフランシスコ

ロンバードストリート| ©リチャード・ヘイズ/フリッカー

伊那クールブリス公園

橋、公園

ヴァレーオ通りとテイラー通りの交差点に位置するイナクールブリスパークは、ベイエリアの文学コミュニティの定番となった詩人と図書館員にちなんで名付けられました。 この段々になった公園は、広大な湾と街の景色を望む広さの不足を補います。 ガーデンベンチに座って、コイトタワー、ベイブリッジ、ダウンタウンのスカイラインを眺めます。 昼も夜も印象的なシーンです。

チーズプラス

一部の人々にとって、チーズは食品群です。 Cheese Plusでは、これらの人々は家にいるように感じるでしょう。 カウンターで数を取り、目の前でグルメチーズと塩漬け肉をスライスするか、現地で作りたての特製サンドイッチを注文してください。 待っている間に、マルメロのペースト、ハニカム、クラッカーなどを手に取り、チーズプレートを完成させます。

Cheese Plus、2001 Polk Street、San Francisco、CA、USA、+1 415 921 2001

チーズプラス| Courtney of Courtney Peter

スウェンセンのアイスクリーム

アイスクリームパーラー、アイスクリーム

スウェンセンのアイスクリーム

1948年、最初のスウェンセンのアイスクリーム店がハイド通りとユニオン通りの角にオープンしました。 スウェンセンは現在、300以上のアイスクリームショップを擁する世界的なチェーンですが、元の場所はまだ家族経営のアイスクリームパーラーのように感じられます。 コーナーサインは懐かしさのネオンビーコンであり、木製パネルのインテリアと全白のスタッフユニフォームがテーマを強調しています。 メニューには、緑茶やライチなどのモダンな味と、岩だらけの道のようなスタンバイが含まれます。 コーンやカップを手に取り、すぐに食べてしまうか、手持ちのパイントやクォートを持ち帰って冷凍庫に入れてください。

Swensen's Ice Cream、1999 Hyde Street、San Francisco、CA、USA、+1 415 775 6818

スウェンセン ©marc / Flickr

サンフランシスコ美術館

訪問者は、サンフランシスコ美術館のチェスナットストリートキャンパスの一部を探索できます。 ディエゴリベラギャラリーでは、有名なメキシコ人アーティストによる壁画が壁全体を覆っています。 リベラは、 1931年5月に「 都市の建物を示すフレスコ画の作成 」というタイトル作品を制作し始めました。SFAIアーティストによる新しいプロジェクトもこのスペースに展示されています。 その他の公共エリアには、中庭、カフェ、アルカトラズ、湾などの素晴らしい景色を望む屋上パティオがあります。

San Francisco Art Institute、800 Chestnut Street、サンフランシスコ、CA、米国、+ 1 415 771 7020

サンフランシスコ芸術研究所のディエゴリベラ壁画| ©ホアキン・マルティネス/ Flickr

ストーンズスロー

ストーンズスローは、インスピレーションに満ちた料理と元気いっぱいの歓声を約束し、その両方を完全に欠くことなく提供します。 夕食やブランチにテーブルを用意したり、バーに立ち寄って即席のドリンクをお楽しみください。 ほぼ同じ長さのビールとワインのリストは、ビタービールフェイスや私は飲んでいないフレーキングメルロなどのカテゴリに分かれています!!! ディナーメニューはキッチンスタッフの適応性を強調しており、リコッタやイラクサのラビオリなどの繊細な料理を、汚くて肉付きのハンバーガーやロードされたポテトトートと同じくらい巧みに実行します。 翻訳:すべてを試してください。

Stones Throw、1896 Hyde Street、San Francisco、CA、USA、+ 1 415 796 2901

ストーンズスロー| Stones Throwのご厚意

ユニオンラーダー

ユニオンラーダーのワイングラスは、水のグラスよりも少なくとも3倍大きいという事実は、このワインバーの優先事項を明確に示しています。 数種類のワインが用意されており、ハーフグラス、グラス、またはボトルでより多くのワインが用意されているため、ここではすべての味覚にマッチし、専門的なガイダンスを提供する知識豊富なスタッフがいます。 ニブルや食事に滞在します。 メニューには、チーズ、豚肉、小口料理、アントレが含まれ、各料理はきめ細かく組み立てられています。 ハウスメイドとして請求されるものには特に注意してください。 ユニオンラーダーは夜にすばやくいっぱいになります。 混雑を避けるため、木曜日から日曜日の昼食に立ち寄ってください。

Union Larder、1945 Hyde Street、San Francisco、CA、USA、+ 1 415 272 7567

ロシアンヒルナイトライフ

ポーク通りとハイド通りの周りにたくさんのバーが集まっているので、日が暮れた後のロシアの丘ではやることがたくさんあります。 カクテルについては、トニックをお試しください。トニックは、毎週水曜日の午後8時にトリビアを開催します。バッカスは、居心地の良い親密な雰囲気の中で、ワインや酒の渇きを満足させることができます。 ヴァンネスアベニューでは、新人のホーのブートレッグタバーンがスポーツバーニッチを満たし、その多くはアジア風のひねりを加えたバーフードの高さを誇っています。

ロシアンヒルナイトライフ、カリフォルニア州サンフランシスコ

コートニー・ピーター

ワシントンDCで雑誌作家および編集者として10年を過ごした後、コートニーはサンフランシスコに移りました。 彼女は、ノブヒルのホームベースでフリーランスライターとして働いており、自由時間を使って街で最高のラテを探し、自宅で料理をし、ベイエリアのレストランや公園を探索しています。

 

コメントを残します